千貝弘 of 秋田贔屓

line.png

杢目銅

line.png

IMG_5804.JPG


ちがい ひろし

千貝 弘

 ●杢目銅(もくめがね)とは?

江戸時代の初め、佐竹藩お抱えの鍔師(つばし)だった
正阿弥伝兵衛(しょうあみでんべい)により伝えられた技法です。
杢目銅をつくるには、異なる金属(金・銀・黒味銅・銅等)の板を
交互に重ね熱を加えて貼り合わせ、ひとつの塊にします。

この塊をハンマー等で叩き、鍛えて厚さ数ミリの板にし切り取って、
さらに数千回、数万回と叩き思い描く形にしていきます。
そして表面を削ったり、叩いたり、磨いたりすることにより美しい模様がでてきます。

 ●経歴

昭和39年 科学技術長官賞受賞(創意工夫)
昭和44年 鍛金をはじめる
その後、秋田県内では秋田県優良技能者賞(秋田の名工)はじめ数々の賞を受賞。
国内においては
平成18年 卓越技能者表彰(現代の名工)
平成20年秋 黄綬勲章拝受
平成7,9,11~20年 伝統工芸日本金工展入選
平成7,15~20年 東日本伝統工芸展入選
平成12~20年 日本伝統工芸展入選

 ●作品

DSC_0352.JPG
-拡大-
ネックレス・リボン
¥5,250

DSC_0333.JPG
-拡大-
イヤリング
¥6,825

DSC_1050.JPG
-拡大-
耳かき
\6,000

IMG_5807.JPG
-拡大-
ネックレス
¥7,875

IMG_5773.JPG
-拡大-
ブローチ
¥10,500

DSC_0341.JPG
-拡大-
ブレスレット
¥19,950

取扱商品